【小6生対象】台風で中止しました授業の追加講座と振替講座のご案内

台風22号により中止いたしました「10月29日(日) 西京特講」の振替授業を11月23日(木祝)に実施いたします。

また、台風18・21号により中止いたしました「9月17日(日) 製作特講」および「10月22日(日) 製作特講」に関しましては、お子様の現在の学習状況を鑑み、振替講座ではなく、講座内容を変更した追加講座として「製作特講+[plus]」を11月19日(日)に実施する運びとなりました。

詳細は以下のとおりです。受講をご希望される場合は、下記の申込フォームよりお申し込みください。

11/19(日)  「製作特講+[plus]」

 9:30-12:30/4,300円/キャンパスプラザ京都
※同日に「面接基礎トレーニング」を実施いたしますが、時間帯は重なっておらず、両方ご受講いただけます。

講座内容
製作第2回洛北・西京プラクティスが終わり、もう少し製作の力を伸ばしたいけど、どうすればいいのか分からない…と思っている人が多いのではないでしょうか。製作が苦手な人も、もっと得意にしたい人も、見たことはあるけれども解けない問題や初めて見る問題に対して、自分1人で解答を作り上げる実践力を本講座でもうひと段階プラスしましょう!

☆講座参加特典「洛ゼミ厳選!製作プラス問題集」

11/23(木祝)  「西京特講」

14:00-17:20/4,300円/メルパルク京都

講座内容
作文

テーマ:対策必至!記述問題×情報処理問題

「記述問題って何書いたらいいの?」「表のどの数字を見ればいいか分からない」毎年西京附中を受検する洛ゼミ生からこんな声を聞きます。しかし、西京の社会を得点源にするためには記述問題と情報処理問題の対策を避けて通れないのも事実です。本講座では西京社会の独自分野の中でも特に対策の難しい「記述問題・情報処理問題」を徹底レクチャーします。この講座で点数に直結する方法を身につけて、社会を得点源にしましょう!
製作

テーマ:徹底対策!最頻出の「資料読み取り」と意外に出る「立体図形」問題

年々傾向が変わりゆく西京附中入試で、平成24年度より6年連続出題されているのが、「資料読み取り」問題です。「資料読み取り」問題を解くには、重要な表やグラフの必要な部分だけを読み取り、理由記述を書く力を身に付ける必要があります。また意外と粘り強く出題され続けている「立体図形」問題の対策も必須です。本講座で西京附中に特化したこの2分野についてしっかりと対策をし、ライバルと差をつけましょう!