【全学年】入試分析報告会・アカデミックプロジェクト2018を開催します。

dsc_0089_35679429642_o

入試分析報告会とは

最新年度入試に対する洛ゼミ独自の分析を、具体的に“すべきこと”を交えてお伝えするイベントです。洛北・西京入試は、公立中高一貫校の中でも全国トップクラスの難易度です。

対策しにくい「変わった出題」と捉えられがちだからこそ、入試初年度から対策してきた洛ゼミにしか伝えられない視点があります。ぜひ今後の対策にお役立てください。

※7/1(日)は定員に達したため、申込を締め切らせていただきました。

詳細

入試分析報告会
1st
7月1日(日),13:30〜15:40(受付13:10〜)

※7/1(日)は定員に達したため、申込を締め切らせていただきました。
入試分析報告会
2nd
7月8日(日),13:30〜15:40(受付13:10〜)
内容(予定) ① 今年の入試問題の分析
② 過去の入試問題から見る傾向と対策
③ 洛ゼミで行っている洛北・西京中対策
※1stと2ndは同内容です。
会場 キャンパスプラザ京都(JR京都駅徒歩3分)
参加費 無料

参加特典(無料)

  • 入試分析資料2018
  • 合格体験記2018

お申し込み方法

下記よりお申し込みください。(※同日開催、アカデミックプロジェクトと同時申込可能です。)

アカデミックプロジェクトとは

京都大学・大学院で最先端の研究を行う洛ゼミ講師が、学問を通して子どもたちに”学ぶ”ことの本質を伝えるイベントです。 今話題のニュースや時事問題、日常生活の中で出会うすべての現象には、すべて学問的な背景があります。

そんな世界のウラ側をわかりやすく面白く、かつ『学術的』にお伝えします。 未来を背負うみなさんの「知的好奇心」が刺激され、将来に向けた良いモチベーションにつながれば幸いです。

詳細

日時 7月1日(日)・8日(日) 16:30〜18:30

対象 小学生、中学生、保護者様
会場 キャンパスプラザ京都(JR京都駅徒歩3分)
参加費 無料

テーマ内容(予定)

第1回:7月1日(日) ■中窪 真史(京都大学大学院 工学研究科 機械理工学専攻)

「あの力」がないと困る! 〜身の周りにあふれる「物理学」〜
皆さんが普段当たり前のように目にするあんな現象やこんな現象、実は「あの力」のおかげなんです!では、「あの力」がなくなると一体どんな世界になるのか。果たしてあなたは予想できるでしょうか?身近な出来事や理科の教科書にも載っているあの実験、さらには普段目にしないドラマチックな現象まで、「物事を見る感性」をめいっぱいとぎ澄ませて、「現象を予想する学問=物理学」を一緒に体験しましょう!

■坂上 菖一郎(京都大学 文学部 人文学科言語学専修)

「ことば」が違えばどう違う? あなたの知らない「言語学」!
虹の中にはいくつの色が含まれていますか?「そんな当たり前のこと聞かなくても…」と思うかもしれません。でも、ちょっと待ってください。私たちの「当たり前」も別の「ことば」で考えてみれば…?色を表すことばから、食べ物のことば、身近なことばの使い分けまで、いつも何気なく使っている「ことば」を言語学から再発見!「ことば」が違えばいろいろ違う、意外と深くておもしろい!そんな「ことば」の世界にご招待!

■大野 峻介(京都大学公共政策大学院 公共政策専攻)

「正しい」ってなんだろう? 〜身近な例から考える「正義論」〜
日曜朝のヒーロー番組でよく聞く「正義のミカタ参上!」でもあのヒーローたちはなぜ「正義」なのでしょうか?悪者を倒すから?みんなを守ってるから?それとも単純にカッコイイから?…実はみなさんが無意識に「正しい」と思っていることも、いろんな種類の「正義」の一つなのです。「正しさ」とは何なのか、その正体を一日だけの「哲学者」となって、一緒に考えていきましょう!
第2回:7月8日(日) ■石塚 崚斗(京都大学 総合人間学部 認知情報学専攻)

音の正体を暴け! 〜波でひも解くパラレルワールド〜
人の話し声、救急車のサイレン、鳥のさえずり…。身の周りはさまざまな音であふれかえっています。では、音の正体っていったい何なのでしょうか。そもそも、音ってどうして聞こえるのでしょうか。そんな疑問を考えてみると、実は目に見える世界の裏側を体験することができるんです。音をある種の“波”と考えることで、身近に潜む科学のパラレルワールドを少しだけのぞいてみましょう!

■曽根 惇那(京都大学 法学部 アメリカ政治学専攻)

これであなたも総理大臣!? 日常に潜む「政治」という考え方
先の大統領選挙で見事勝利し話題になったドナルド・トランプ大統領。実は彼の大逆転劇の裏には、ある戦略がかくされていたのです。その戦略は政治という考え方と深く関連していますが、政治と言われても国会や総理大臣など、あまり身近なイメージは無いかもしれませんね…。でも政治の考え方は皆さんが日々生活している中で知らない間に使っています!今回は、生徒会長や学級委員など、リーダーを選択する中に潜む政治を体験してみましょう!

■武部 弘太郎(京都府立医科大学 救急医療学助教/NPO法人 EM Alliance代表)

「救急医療」から学ぶ! ヒトを救うために何が必要か?
ドラマのような派手な現場ばかりではない、リアルな救急医療の現場を通して、ヒトを救うために何が必要なのかを皆で考えてみませんか?「誰を救うのか?」「何を救うのか?」「そのために何が必要か?」救急医療という特殊な世界を通してどう社会へ貢献していくのかを、現役の救急医が本音で語ります。新たな視野を得たあなたの明日からの生活が変化すること間違いなし!

お申し込み方法

下記よりお申し込みください。(※同日開催、入試分析報告会2018と同時申込可能です。)