西京高校附属中学合格①

「西京に特化した対策が役立ちました」

兄が中学受験をしたので娘も受験したいと地元の塾に小5から通いはじめました。 初めは私学を考えていたのですが娘が希望したのは西京でした。西京は作文や面接も重要であるのですが通っていた塾は難関私学を得意とする所だったのでなかなか志望校を決められずにいたのです。 やはり娘の希望の西京を第一希望にしようと親子で決めたのは小6の秋になってからでした。

その対策の為に小6の11月になってから洛ゼミの日曜特訓に参加するようになると、娘がとても授業がわかりやすく面白いと言うので12月には塾の無い日の平日2日の夕方に洛ゼミの先生に無理を聞いてもらい個別をお願いし、土曜の午前中も参加するようになりました。
最初は作文が苦手でそれをメインにみていただいていたのですが、面接特訓では緊張して発言できないと判明し個別の時間に面接の練習をお願いすることもありました。 それぞれの苦手を個別でカバーしていただけるのは大変ありがたいことでした。

入試二日目に私学の受験も考えていたので地元の塾にも通いつつ、冬休み中もその塾の合間に洛ゼミ個別に入り、塾を分単位で掛け持ちする日も多くありました。 体力的にもとても大変だったとおもうのですが、洛ゼミの先生方はとても褒め上手で娘は楽しく勉強させていただき弱音を吐くことはありませんでした。

西京の入試が終わった日に娘は 面接ではちゃんと思った事を話しできたとうれしそうに言っておりました。 作文もかけたようで結果合格をいただきました。 小6の11月からという短い期間でしたが娘は確実に実力を付けたとおもいます。 ひとえに洛ゼミの先生方のご指導のおかげだと思っております。 本当にありがとうございました。